夜間にiPhoneの電源が入らなくなった時の故障内容の把握方法とその対処方法


夜間にiphoneの電源が入らなくなった時はどうすればいいのでしょうか?

今日はそんな時に役立つ解決方法を書いていきます。


まずは状況の把握から入ります。

まずは水没した可能性が無いか考えてください。

完全に濡らしてはいないがお風呂で使用していたり雨に濡れてしまったなどは最近なかったですか?


無ければ次に進みます。


充電器に差してみてください。

充電の音やバイブはなりますか?

音やバイブがなる場合は画面の故障になります。

画面の交換で修理が可能です。


音やバイブがならない場合は画面に充電中のマークは出るか確認してください。


充電中の表示が出る場合はそのまま充電を暫く続けてください。

15分以上充電して起動しない場合は違う充電ケーブルに変えて15分ほど充電してみてください。


それでも起動しない場合はバッテリーか充電ドッグの故障になります。


何も表示が無い場合は一度iphoneを再起動させてみます。

再起動後も充電しても表示が出ない場合は電源が全く入らない状態になります。


まったく電源の入らない状態の場合はバッテリーの故障かIOSの破損

基板の破損になります。


データのバックアップが無い場合は専門業者に依頼するのがベストです。


データのバックアップがある場合でパソコンがある場合は

iPhoneをリカバリーモードにいれてからIOSの更新をおこなってみてください。


更新がかからない、パソコンで認識が出来ない場合は専門業者に依頼するのがベストです。


iphone出張修理LABOは24時間iphoneの故障に対応しています。

部品交換は勿論、基板の故障も夜間でも対応が可能ですので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:4回0件のコメント