iPhoneが水没してしまった時に大切な事



iPhoneを水没させた事はありませんか?


突然のゲリラ豪雨、お風呂で、トイレに、洗い物をしていたらなどなとiPhoneが水没してしまう時は突然訪れます。


そんな時は慌てずに行動してください。


iPhoneが水没した時に大切な事は、まず電源を落とすことです。


画面のタッチが反応しなかったりで電源が落とせない時は強制シャットダウンを行います。


ホームボタンの無い機種

以下一覧


iPhone13ProMax

iPhone13Pro

iPhone13

iPhone13mini

iPhone12ProMax

iPhone12Pro

iPhone12

iPhone12mini

iPhone11ProMax

iPhone11Pro

iPhone11

iPhoneXSMax

iPhoneXS

iPhoneXR

iPhoneX


ホームボタンのない機種の場合は

音量ボタンのプラス、マイナス、電源ボタンを順に押して最後の電源ボタンをアップルマークがついて消えるまで長押しで強制でシャットダウン出来ます。



ホームボタンが感圧の機種

以下一覧

iPhoneSE第3世代

iPhoneSE第2世代

iPhone8plus

iPhone8

iPhone7plus

iPhone7


ホームボタンが感圧の機種の場合は

iPhoneSE第3世代からiPhone8までは上記のホームボタンの無い機種と同様の方法でシャットダウンが出来ます。


iPhone7plus.iPhone7は

電源ボタンと音量のマイナスボタンの同時長押しでアップルマークがついて消えるまで押し続けて下さい。



ホームボタンが物理ボタンの機種

以下一覧


iPhone6Splus

iPhone6S

iPhone6plus

iPhone6

iPhoneSE初代

iPhone5s


ホームボタンが物理ボタン

押したときに押し込めるボタンの機種は

電源ボタンとホームボタンを同時に長押しして下さい。アップルマークがついて消えるまで長押しです。



どうですか?

電源は落とせましたか?


電源が落ちた後は外部に付いている水分は乾いたタオルなどで拭き取って下さい。


この時に内部の水分を出そうと無理に叩いたり、振ったりはしてはいけません。


内部で水分が動くことで余計にショートする可能性もあります。



その後は扇風機などの風の通しがいい場所に置いておいて下さい。


iPhoneの水没は直後の対応で故障の規模が変動します。


濡れたまま使うなどの事をしたりして余計なショートをさせてしまうと修理代金が上がってしまったり、最悪修理不可の状況になってしまうこともあります。


慌てずに応急処置を行ってから修理店にご連絡下さい。


iPhone出張修理LABOはiPhoneの水没も24時間出張で対応しています。


水没は時間と共に悪化してしまいますので

早めの修理がデータを守る為にも修理費用を抑える為にも大切です。


夜間でも24時間営業していますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示