top of page

iphoneの充電不良の主な要因と対処方法



iphone充電不良の要因


iphoneの充電不良は主に3つのケースに分類されます。


①充電ケーブルの故障


充電ケーブルの故障のケースは多いです。

充電ケーブルは1本しか持っていない方も多いので

お客様自身で判断が難しいですがiPhoneが他にもあれば

他の端末で充電出来るかを確認してケーブルの故障は無いか判断します。


修理店ではアンペアやワット数が計測出来る充電ケーブルを使用して

電気が流れているか判断をしています。


iPhoneには電気は流れているがお客様は充電出来ない場合はお客様の充電ケーブルの故障の可能性が高いです。


②iphone部品の故障


部品の故障は主に充電器差込口の部品(ドッグコネクター)の故障か

バッテリーの故障のケースが多いです。


初期検査で電気が流れていないか電流値が基準外の場合は

部品故障を疑い可能性の高い部品からテストしていきます。


③基板の故障


基板の故障は部品の交換で改善が見られない時に疑い検査をしていきます。

基板のショートの判断は基板自体の電気の流れを確認と

電流を与えた時の発熱で判断していきます。


充電不良のよくある事例


このようにiPhoneが充電出来ない時は

複数の要因がありますが複合している場合もあります。


よくある事例だと充電のケーブルが故障している状態で

だましだまし充電を行いiPhoneの部品や基板に負荷をかけて

故障させてしまうケースは多いです。


充電ケーブルは大切ですので不調を感じるケーブルは

早めに買い替える事をお勧めします。



iPhoneが充電出来ないときの対処方法


iPhoneが充電出来ない時の対処は主に以下の3つです。


①充電のケーブルを変える


充電のケーブルが壊れている可能性がありますので

まずは違うケーブルで充電をテストします。


②充電器差込口を掃除する


違うケーブルでも充電出来ない場合は

充電ケーブルが正しく差し込めているか確認して下さい。


奥まで刺さらない時やグラグラする時は

差込口に埃などが溜まっている可能性があります。


ピンセットなどを使用して内部の埃を除去して下さい。

この時に上下にピンがありますので上下にあたらないように

優しく埃を除去して下さい。


③修理に行く


ここまでで改善しない場合は故障の可能性が高いです。

修理店に持ち込む事をオススメします。

修理店に持ち込む場合は以下の2つなります。


アップル正規サービスプロバイダー

民間の修理店


アップルの保険に加入している場合やお急ぎで無い場合

データのバックアップがある方は正規サービスプロバイダに持ち込むのがいいと思います。


アップルサポートアプリからご予約が可能です。


お急ぎで修理をしたい方やデータがご不安な方は

民間の修理店に持ち込むのがいいと思います。


データそのままで1時間程度で修理可能です。


夜間などにお急ぎの場合や修理に行く時間が無い方は

当店などの24時間対応の出張修理のお店にお任せ下さい。


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page