top of page

iphoneのappleループの要因と対処法



iphoneのappleループの要因


容量不足

内部ストレージが5GB以下の方はappleループになる可能性があります。

ストレージがいっぱいですの警告が出てくるので警告が出た事があるかたは容量不足の可能性が高いです。


部品故障

主に水没や水に濡れた事が原因で内部の部品がショートしてappleループになります。

水没の心当たりがある方は部品故障の可能性が高いです。


基板故障

主に落下や水没での基板の破損でappleループになります。

強い落下や完全に水没などの方は基板故障の可能性が高いです。



iphoneのappleループの対処法


容量不足の対処法

容量不足は起動に必要な容量が足りなくて起こります。

ですが本来は起動に影響が出るほどのデータは保存が出来ないのでiphoneが判断を誤って認識している可能性があります。iphoneをリカバリーモードに入れてからIOSの更新が対処になります。復元を押してしまうとデータが消えますので注意が必要です。


部品故障の対処法

部品の交換が必要になりますので専門家への依頼が必要になります。

主なappleループの要因になる部品は画面の上部スピーカー内部の近接のセンサーの故障かドッグコネクターの故障が要因になるケースが多いです。


基板故障の対処法

こちらは専門家の中でも更に基板修理に特化している専門家への依頼が必要になります。基板の修理は1週間ほどの預りの会社が多いです。


iphoneのappleループはお任せください。


24時間iphone出張修理LABOは基板の修理も出来る出張修理店です。

24時間出張で容量不足や部品交換、基板修理で

appleループから大切なデータを復旧させます。

基板の修理も最短24時間以内のスピード復旧です。

お急ぎの方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page