iPhone6s 画面が映らない 多摩センター

最終更新: 2020年2月9日



こんにちは24時間iPhone出張修理laboの飯田です。 今回は多摩センターでiPhone6sの液晶が映らない状態のお客様で出張で修理を致しました。 19時頃お電話を頂きiPhone6sの液晶交換お願いしますとの事でした。 詳しくお話を聞いて見るとiPhone6sが落としたら画面が真っ暗になり、何もできなくなったとの事です。 ボタンは反応しますし音はなるので中は生きていると思うのですがとの事でした。 立川の事務所にちょうどいたのですが、昼間の店舗のお客様対応や買取端末の処理をしていましたので21時頃ならお伺いできますがいかがなさいますか?とお尋ねした所、お願いしますとの事で21時に合わせて立川から多摩センターに出発です。 30分程で多摩センターに到着してお客様に連絡をして、合流です。 iPhone6sを確認して見ると微かに一本だけ線が入っていますが、それ以外はブラックアウトしている状態で完全に液晶が死んでしまってる状態でした。 画面の交換なので30分程で管理するしてタッチが効くことのみ確認してお客様にお渡しです。 24時間iPhone修理laboは基本的にパスコードは聞きません。 お客様と一緒に動作確認するスタイルなのでお客様と一緒に動作を確認してみると、通話時のスピーカーから音が出ません。 おそらく落下時に一緒に壊れてしまったと思うのですが、無料で交換です。 部材が高いものや、まるっきり修理箇所と異なる場合は別ですが、近接する部材で故障があった場合は無償交換で対応しています。 というのも24時間出張でiPhoneを修理しますので、どうしてもガソリン代金、駐車場代金、高速代金、スタッフの人件費の夜間割増分等かかる経費が多い分昼間の修理店より5000円ぐらい高い修理代金になってしまうので、部材は最高品質の部材で行いますし、多少の追加修理は無料で対応しています。 本当はしっかり修理をしているので、しっかり頂かなければならないのでしょうけど、お客様のご負担が大きくなりすぎないようにの配慮でございます。 というわけで、フロントパネルの受話スピーカーを再度交換して、チェックのために、私の携帯から発信とフェイスタイムでフロントカメラをチェックして問題なかったので、再度お客様にご連絡してお渡しです。 元気になったiPhoneみて喜んで頂けました。 良かったです。 最後に24時間iPhone修理laboからのお知らせです。 ホームページにも近日中に公開しますが、 立川、八王子、多摩、府中、調布、稲城、国立、昭島、福生のお客様は21時以降にかかる夜間料金20%が無料とさせて頂いています。 該当エリアの方は深夜ゆ夜間に修理でも、そこまで高く無いのでお気軽にお電話下さい。 要は立川、八王子の待機エリアから、そこまで遠く無い方は割引になります。 今車内でブログを書いているので近いエリアを思い出しながら書いたので抜けがあるかもしれません。 書いてないけど、書いてる場所より近いよってお客様は是非お電話でツッコミを入れてくださいww ちなみに、今回の修理写真は撮り忘れました。 タイムラプスは撮ったのでGoogleマイビジネスでチェックして下さい。 多摩センターの綺麗な夜景をサムネイルに使います。 それではまた! 


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示