夜間にiphone水没修理

更新日:8月11日



こんにちはiphone出張修理laboの飯田です。 今回は深夜の1時にお電話がありましてトイレに水没させたとのことで現場に急行します。 明日の会議までにどうしてもiphoneの中のデータが必要との事で修理開始です。 水没は時間との闘いなので、対応が早いほど修理の復旧率が上がります。 幸いお電話いただいてから1時間で現場につきましたので、早もの処置でしたので コネクター腐食はありましたが、まだ重大なショートにはなっていなそうでした。 まずは全体的に分解してから基板を特殊洗浄機にかけます。 洗浄している間に、基板以外の部品の洗浄をおこない、基板洗浄が終わってから、基板を70度で加熱し一気に水分を飛ばしていきます。

ちなみにドライヤーやホットエアーガンで加熱するとチップ飛ばす可能性や静電気でチップにダメージを与える恐れがあるので真似しないでくださいね。

当店は別の方法で加熱しています。 加熱後、送風で荒熱をとり、さらに乾燥させてからくみ上げ通電確認します。 この時に部品の故障状態を把握すると、バッテリーのみ異常がありましたので

バッテリー交換してお渡しです。

当店は洗浄機や加熱器も使用しますので車内での作業でも90分程で完了します。 今回は処置が早くできたので安価に修理することが出来ました。

iphoneの水没で深夜や夜間にお困りでしたらiphone出張修理laboにお任せください。 タイミングが良ければ急行できます。


2回の閲覧0件のコメント